これまで50の新規事業(企業内起業17回、独立起業19回、週末起業14回)に携わってきた守屋実さんの初の著書『新しい一歩を踏み出そう!』が5月15日にダイヤモンド社から発刊されました。守屋さんは、大学在学中から現在に至るまで、一貫して新しい事業だけをやり続けてきたという稀有なキャリアの持ち主。守屋さんの実績を表す一端といえるのが、創業に参画した2社が昨年上場したこと。2018年4月に介護業界に特化したマッチングプラットホームのブティックスを、5月に印刷・物流・広告のシェアリングプラットホームのラクスルを2社連続で上場に導く。本連載は、守屋さんのこれまでの様々な経験を踏まえ、主に若手ビジネスパーソンに向けて「仕事のプロ」になるための具体的な方法を伝授していきます。

 

名刺の数だけ人格を使い分けるとは?

 私が、今、持っている名刺を見せると、驚かれることがあります。

 個人で設立した会社、守屋実事務所の名刺以外にも、以下のような名刺を持っているからです。

 JAXAの仕事では、「上席/J-SPARCプロデューサー・守屋実」、株式会社博報堂の仕事では「フェロー・守屋実」、介護業界に特化したマッチングプラットホームのブティックス株式会社の仕事では「取締役・守屋実」、JR東日本スタートアップ株式会社の仕事では「アドバイザリーフェロー・守屋実」という名刺を使っています。

 もちろん、新たに創業に参画したベンチャーの名刺も、参画している数だけあります。

 ちょっと変に聞こえるかもしれませんが、これだけ多くの名刺を持って仕事をするときに、私が一番大事にしていることは、名刺の数だけ人格を使い分けることだと思っています。どういうことか分かりやすく説明しましょう。

 人格を変えるとは、その場に応じて、臨機応変に立場を変えるという意味です。