ルネサス社長電撃解任、INCJが2度目の人事介入で引導写真1
ルネサス社長解任の裏には何があったのか Photo by Reiji Murai

半導体大手のルネサスエレクトロニクスでトップ人事に異変が起きた。6月25日、社長兼最高経営責任者(CEO)の呉文精氏に対し、取締役会の任意の諮問機関である指名委員会が交代を勧告。電撃的な解任劇の背景を探った。(ダイヤモンド編集部 村井令二)

経産省が社長の評判を
ヒアリングしていた

 「呉さんをどう思いますか」

 今年4月に入って、経済産業省の一室でルネサスの現役幹部が社長兼最高経営責任者(CEO)を務めていた呉氏の評判についてヒアリングを受けていた。

 経産省はルネサスエレクトロニクスの筆頭株主である官民ファンドのINCJ(旧産業革新機構)の所管官庁。同省幹部はルネサスだけでなく、外部の関係者も次々に呼び出して呉氏について聞き出していた。そのうちの1人は質問の内容から「呉さんを外したがっているな」と即座に直感したという。

ルネサス社長電撃解任、INCJが2度目の人事介入で引導_社長兼最高経営責任者だった呉氏
社長兼最高経営責任者だった呉氏は6月25日の取締役会で“解任” Photo:JIJI

 それから2カ月強が経過した6月25日のルネサスの取締役会。指名委員会は呉氏に対して「期待を満たしていない」「早期の交代が必要」と厳しい評価を盛り込んだ答申を提出し、呉氏を辞任に追い込んだ。

 指名委員会が「呉氏は経営トップとしてふさわしいのか」という観点で評価を開始し、後任探しを始めたのも4月頃だ。ここから呉氏解任に至るまで、経産省と指名委員会の動きはほぼ連動していた。呉氏は3月20日の定時株主総会で再任されたばかりだったが、水面下では経産省と指名委員会による「解任シナリオ」が着々と実行に移されていたのだ。

 ルネサスの指名委員会は昨年11月に設置されている。東京証券取引所が定めたコーポレートガバナンスコード(企業統治指針)で指名委員会の設置が推奨されたのを受けて、呉氏自身の発案で取締役会の下に任意の諮問機関として導入した。