stephen lam/Reuters アップルウオッチの「シリーズ4」  米アップルは、時計型端末「Apple Watch(アップルウオッチ)」のトランシーバーアプリ「ウォーキートーキー」を一時的に無効にした。セキュリティー上の脆弱(ぜいじゃく)性があり、他人が同意なしにiPhone(アイフォーン)の会話を聞ける可能性があるという。アップル製品の盗聴に関する不具合は2回目となる。  アップルは今回の脆弱(ぜいじゃく)性の詳細は明らかにしていないが、アプリを修正するまで機能を一時的に無効化するとしている。