さらに、空港リムジンバスと自動運転タクシーを組み合わせたサービスの提供を通じて、JTBがMaaSの概念に適応した新たな旅行サービスの商品化に関する検証も行う。

交通弱者のサポートや
タクシードライバー不足の解消にもつながる

 この空港リムジンバスと自動運転タクシーというモビリティの連携は、交通混雑解消や環境負荷の低減だけでなく、インバウンド観光客の移動の効率化に結びつく。加えて、交通弱者のサポートやタクシードライバー不足の解消にもつながるという。

 ZMPは、7月23〜26日まで都内で「ZMPワールド2019」を開催。ZMPが起こすロボリューションの挑戦を量産化というテーマで各種セミナーを展開した。

 今回発表されたモビリティサービスでも、ZMPが自動運転タクシーとして開発したミニバンタイプのZMPロボカーが使用され、自動運転と複数インフラの提携で先進的な都市交通MaaSの可能性を検証する。

 来年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けてもその動向は注目されよう。

 すでにZMPが開発した自動運転タクシーは、日の丸交通、三菱地所と連携して昨夏に東京・丸の内エリアと六本木を結ぶ自動運転走行を実証実験している。ここで、需要の多い都心部路線でのタクシードライバー不足解消等に向けての活用策や、ICT技術を活用した配車サービスの有用性と安全性(無事故)を実証している。

 ZMPの谷口恒社長は「ヒトとモノの移動を自由にし、楽しく便利なライフスタイルを創造することをミッションとし、ヒトとモノの移動を最適化するMaaSに向けて、当社もR&Dから量産化の時代に切り替わった」として、関係先との連動を積極化することを明言する。