今年のイベント
ブランドにも参加者にとっても重要な意味

 今年のIMMはMINIブランドにとっても、参加者にとっても、重要な意味を持っていた。1959年にクラシック・ミニがデビューしてから60周年というアニバーサリーであり、IMMに合わせたかのように8月9日には「英国オックスフォード工場で通算1000万台目のMINIを組み立てた」と発表された。

オックスフォード工場で通算1000万台生産 完成車とともに喜ぶ生産スタッフたちオックスフォード工場で通算1000万台生産 完成車とともに喜ぶ生産スタッフたち Photo:BMW/MINI

 現在、MINIは3ドアと5ドア、そしてクラブマンがオックスフォード工場で、コンバーチブルとクロスオーバーはVDLネッドカー工場(オランダ)で生産されている。メーカーの発表によると、A・イシゴニス博士が発案したクラシック・ミニは2000年までに約530万台が販売された。

MINIを楽しむだけででなくキャンピングカースタイルで休日を過ごすイベント参加者が多かった Photo:BMW/MINI

 2001年からBMWグループのブランドとして販売がスタートしたMINIは、プレミアムコンパクトという新しい市場を開拓し、豊かなバリエーション展開でユーザーのニーズに応えている。18年は世界110ヵ国で約40万台のMINIが販売されている。次の10年が経過したとき、IMMの会場にはどんなモデルが集合するのか、早くも気になる。

CAR and Driverロゴ

(CAR and DRIVER編集部)