哲学史2500年の結論! ソクラテス、ベンサム、ニーチェ、ロールズ、フーコーetc。人類誕生から続く「正義」を巡る論争の決着とは? 哲学家、飲茶の最新刊『正義の教室 善く生きるための哲学入門』の第9章のダイジェスト版を公開します。


 本書の舞台は、いじめによる生徒の自殺をきっかけに、学校中に監視カメラを設置することになった私立高校。平穏な日々が訪れた一方で、「プライバシーの侵害では」と撤廃を求める声があがり、生徒会長の「正義(まさよし)」は、「正義とは何か?」について考え始めます……。

 物語には、「平等」「自由」そして「宗教」という、異なる正義を持つ3人の女子高生(生徒会メンバー)が登場。交錯する「正義」。ゆずれない信念。トラウマとの闘い。個性豊かな彼女たちとのかけ合いをとおして、正義(まさよし)が最後に導き出す答えとは!?

Photo: Adobe Stock

ポスト構造主義とは?

前回記事『挨拶を哲学すると、資本主義の本質が見える』の続きです。

「では、続いてポスト構造主義だが、ここでいう『ポスト』は『なになに以降』という意味を表す言葉である。だから『ポスト構造主義』という用語自体は、単純に『構造主義以降』という程度の意味しか持たない」

「では、なぜ、もっとわかりやすい名前をつけなかったのか? それは構造主義の次の時代の哲学者たちが、『構造主義を乗り越えようとしながらも、結局は構造主義から抜け出せず、しかも批判するばっかりで、自分自身で新しい哲学体系をまったく生み出せなかったから』だと言える」

 少し悪意のある言い方にも聞こえたけど、まあ、ともかく、歴史上最後の哲学は、批判だけして代案を示さなかったから具体的な名前がつかなかったということなのか。

「さて、今の話で見過ごさないでほしい大事なポイントは、ポスト構造主義が『構造主義から抜け出せなかった』という部分である。つまり、人間が構造(システム)に支配されているという部分については、ポスト構造主義も変わらず同意なのだ」

 え、そうなんだ。構造主義の身も蓋もない人間観は、次の時代で否定されてるわけじゃなく、現在も継続中なんだ。

「では、ポスト構造主義は、構造主義と何が違うのか。それは、『構造主義がわずかに持っていた希望を打ち砕いたこと』だと言ってもいいかもしれない」

 構造主義が持っていた希望?

「構造主義は一見すると、人間の主体的な意志を軽視した非人間的な思想に思えるかもしれないが、実は、次のような希望を見出すことができる」