不倫夫にも慰謝料は発生する
「独身」とのウソも高くつく原因に

 もちろん不倫をしないのが大前提ではあるが、現在、不倫中の男性はこういった関係の泥沼化を避けるためにも「すぐに関係を清算すべき」と川口弁護士は言う。

「別れる際もいきなりLINEをブロックするなど、一方的なやり方をすると相手の恨みを買ってしまいリスクが高い。仮に奥さんから訴えられたのが相手女性だけでも、男性は不貞相手の女性から後日、『求償権』の行使をされる可能性があります。奥さんと不倫相手の争いについて我関せずというのは、なかなか通りません」

 仮に妻が不倫相手の女性だけに慰謝料を請求したとしても、本来は夫と不倫女性の2人が支払う責任を持っているので、不倫女性が妻の求めに応じて100万円支払った場合、「50万円は夫が支払うべき」などと請求することができる。これを「求償権」と呼ぶ。

 関係の泥沼化を避けるためにも「独身である」「夫婦仲がうまくいっていない」等のウソは避け、互いの傷の浅いうちに関係清算を図ったほうがいいだろう。

「独身であると偽って後に既婚だと発覚した場合、相手女性からも慰謝料請求される可能性があります。不倫の法的リスクが高いことは間違いない。また、当然ですが、このような話は女性だけではなく男性にも当てはまるものです」

 不倫の清算がこじれればこじれるほど、家族や仕事など人生で培ってきたものの多くを失うことになる。そもそも不倫に手を出すような男女は、不倫で手に入るものとその代償を簡単な天秤にすらかけられないのだから、どちらにせよモンスターであるといえるだろう。