千葉県市原市の山倉ダム
世界でも突出して多い日本の水上太陽光発電の課題が浮き彫りに Photo:JIJI

急伸する太陽光発電業界で注目されている水上太陽光発電。大手企業が参画し、日本最大となったプロジェクトにおいて、今回の台風15号により設置からわずか1年半で火災事故が発生してしまった。そこから浮き彫りになった問題点とは。(ダイヤモンド編集部 大根田康介)

世界の50%以上が日本に集中
土地がなくなり水上に白羽の矢

 ダムから黒煙が上がっている。9月9日、こんな地元住民の目撃情報が相次いだ。

 場所は千葉県市原市の山倉ダム。原因は、ここに設置された水上太陽光発電設備の火災だった。

 日本の大手メーカーの京セラと伊藤忠商事グループの東京センチュリーが共同出資した京セラTCLソーラーは、昨年3月、日本最大となる水上太陽光発電所の運転を開始した。設計・施工は京セラ関連会社の京セラコミュニケーションシステムが手掛けた。

 出力は1万3700kWでパネルの数は5万枚にも上る。5000世帯分近い電力を供給できる計算だ。

 実は日本では今、この水上太陽光発電所が盛んだ。