インカメラ2500万画素とミドルレンジで4万円弱!
SIMフリー界激震価格のスマホがOPPOから!

 オッポジャパンは10月8日、Renoシリーズのニューモデル「Reno A」(リノ エー)を発表した。予約は今日から、発売は10月18日を予定している。価格は3万9380円(税込)。すでに楽天モバイル向けに発売している「Reno A 128GB」の別モデルになる。

OPPO

 6.4型有機ELディスプレー(1080×2340ドット)を搭載し、SoCにSnapdragon 710、メモリーは6GB、内蔵ストレージは64GBとミドルハイスペック。さらに防水防塵(IPX7/IP6X)やFeliCaに対応し、顔認証や画面内指紋認証にも可能。バッテリー容量は3600mAh。カラバリはブルー、ブラックの2色展開だ。日本仕様をしっかり搭載するあたり、OPPOの日本市場への意気込みがわかる。

OPPO
プレゼンテーションを行なった、オッポジャパン 代表取締役 鄧 宇辰氏

 カメラはアウト側が1600万画素(F値1.7)+200万画素(F値2.4)のデュアルカメラを搭載。背景ボケやAIによる被写体自動認識を備える。イン側のカメラはアウト側より強力な2500万画素(F値2.0)。OPPOスマホの特徴であるA.I.ビューティー機能は顔の特徴296ヵ所を認識し、さらに800万通りの顔データを使ってより自然な補正をしてくれる。カメラアプリを使わずとも美しく“盛れる”ため、InstagramやTwitterなどのSNSでセルフィーを投稿する人にうってつけのモデルだ。

OPPO
ビューティー効果オート(AI)
OPPO
ビューティー効果MAX

 本体サイズは約75.4×158.4×7.8mmで、重さは169.5g。ディスプレーが6.4型なのでそれなりに大きいが、薄くて軽いので持ち運びはラクそうだ。

OPPO
Reno Aの主な特徴

 nanoSIM×2のデュアルSIM仕様でDSDVにも対応(microSDは排他使用)。VoLTEはドコモ/au/Y!mobile/楽天の4キャリアに対応する。

OPPO
主な取り扱い業者

 発表会ではCMを担当するタレントの指原莉乃さんも登壇、Reno Aに対し「このスマホの名前もReno(リノ)、私の名前も莉乃(リノ)なので運命を感じました」とコメント。「SNSもゲームも楽しめるし、インカメラがすごすぎてセルフィーがとても綺麗に撮れる」と絶賛した。なお、CMは3パターン放映される。

OPPO
OPPO
OPPO
OPPO
OPPO
OPPO
OPPO
OPPO
OPPO
OPPO
OPPO
OPPO