脳卒中後の歩行Photo:PIXTA

脳卒中後の職場復帰の可否は歩行速度で予測可能?

 脳卒中を経験した若年成人では、歩行速度が職場復帰できるかどうかのバロメーターになるかもしれない。そんな研究結果が英マンチェスター・メトロポリタン大学のHannah Jarvis氏らにより報告された。1秒間に0.93m歩けるかどうかが、日々の業務に対応できるかどうかを予測する閾値になるという。研究の詳細は、「Stroke」9月26日オンライン版に掲載された。

 Jarvis氏らによると、脳卒中を発症する患者の4人に1人は65歳以下であり、最大44%の人が歩行困難のため職場に復帰できないという。同氏は、「脳卒中は運動制御や運動機能に影響を及ぼす。仕事に復帰するなら、駐車場やバス停、オフィス、会議室まで歩かなければならない。だが、歩けなかったり、疲れやすかったりする場合、仕事をこなす能力が著しく阻害される」と説明している。

 今回の研究は、英ウェールズの6施設の病院から集めた18~65歳の脳卒中生存者46人(18~40歳が6人、41~54歳が21人、55~65歳が19人)と、年齢をマッチさせた健常者15人(対照群)を対象にしたもの。Jarvis氏らは対象者に、それぞれの快適歩行速度で3分間歩いてもらい、歩行速度と歩行距離を測定するとともに、歩行中の酸素消費量を測定して代謝エネルギー消費量と歩行の代謝コストを調べた。

 その結果、脳卒中生存者は対照群に比べ、年齢に関係なく歩行速度が遅く、歩行の効率性も低いことが明らかになった。