9万部を突破した『まいにち小鍋』シリーズの最新刊『まいにち湯豆腐』が絶賛発売中です。豆腐の約90%は「水分」ですから、低カロリー、低脂肪、低糖質なのに、大豆を原料とする栄養価の高い食材。湯豆腐は、ダイエットにも最適なヘルシー料理。ただ、湯豆腐はシンプルなだけに、どうしてもワンパターンになりがち。そこで、人気料理家である小田真規子先生に、10分でぽっかぽかになれる絶品レシピの数々を教えていただきました。本連載では、おいしい「湯豆腐」「小鍋」の作り方と、選りすぐりの逸品をご紹介します。

 日ごとに冬が近づいてきました。肌寒さを感じながら帰宅するときに、「小鍋料理」や「湯豆腐」が恋しくなっている方も多いのではないでしょうか?そこで、絶賛発売中の『まいにち湯豆腐』から、とってもヘルシーな「ごま味噌豆乳湯豆腐」をご紹介します。

【具材】
 絹ごし豆腐(半分に切る)…1丁(300g)
 乾燥わかめ…大さじ2

【スープ】
 塩…小さじ1/2
 ごま油…小さじ2
 豆乳…1カップ
 水…1カップ

【たれ】
 味噌…大さじ2
 わさび…小さじ1/2
 白すりごま…小さじ1

【つくり方】
(1)【たれ】をよく混ぜる。
(2)小鍋に【スープ】を入れて中火にかけて煮立ったら、豆腐を入れて弱火にして3分煮る。
(3)乾燥わかめを入れ、わかめが戻るまでひと煮する。
(4)取り分けて【たれ】を添え、溶きながらいただく。

 豆腐を入れてからは、ゆっくり弱火で温めるように火を通すとおいしく仕上がります。クリーミーな豆乳スープに味噌の風味がマッチする絶品湯豆腐です。

 また、大豆製品には大豆イソフラボンが含まれており、これが骨粗鬆症予防効果、抗動脈硬化作用、更年期障害の緩和などの効果があり、健康にいいとされていますから、この「ごま味噌豆乳湯豆腐」は、豆腐と豆乳からダブルで大豆イソフラボンをとれるレシピなのです。ぜひ、お試しください!