定年後も働く人
定年後もできるだけ長く働いて稼ぐことが人生100年時代には重要です Photo:PIXTA

老後資金というと、投資で増やすことを考える人が多い。しかし、まずは定年後もできるだけ長く働いて稼ぐことが重要である。さらに、サラリーマン家庭の主婦も可能な範囲で働くことが老後資金の充実につながる。(久留米大学商学部教授 塚崎公義)

運用で老後資金を増やすには
必ずリスクが伴う

「老後資金が足りないから、運用で増やそう」というのは、非常に危険な考え方だ。運用で増やそうとすれば、当然ながら運用に失敗して老後資産が減ってしまうリスクを伴うからである。

 ただでさえ足りない老後資金がさらに減ってしまったら、悲惨な老後が待っているわけで、これこそ最も避けるべきことだろう。

「老後資金に余裕があるので、これを運用でさらに増やして老後は贅沢を楽しみたい」というのであれば、筆者が止める理由はない。余裕資金を失って余裕のない老後を過ごす可能性もあるが、それは自己責任だ。

 筆者は、増やすためというよりは、「預金はインフレに弱いので、老後資金の一部をインフレに強い株や外貨などに分散投資してリスクを減らそう」という消極的な文脈で投資を奨励している。しかし、その話は別の機会に改めてしたい。

老後資金の不安を解消する
最適な方法は「定年後も働くこと」

 老後資金に不安があるならば、定年後も元気な間は現役として働いて、「老後」を短くしてしまうのがベストである。

 個人差が大きいとはいえ、一般論としては寿命が長い人は健康寿命も長い場合が多いであろうから、老後資金がショートする“長生きリスク”の大部分は長く働くことで軽減できるはずである。