関節痛と天候の関係photo:PIXTA

「天候は関節痛に影響する」は本当か?

「天候が悪いと関節の痛みが強まる」というのは、単なる迷信ではないかもしれない。英マンチェスター大学のWill Dixon氏らが、同国の慢性疼痛患者を対象に、スマートフォン(スマホ)を用いた調査を実施したところ、湿気が高い日と風が強い日には関節の痛みが増す可能性があることが分かった。

 一方、痛みの程度と気温との間には有意な関連はみられなかったという。研究の詳細は「NPJ Digital Medicine」10月24日オンライン版に掲載された。

 この研究は、関節炎や線維筋痛症、片頭痛、神経障害性疼痛を有する英国人の慢性疼痛患者2657人(平均年齢51歳、女性83%)を対象としたもの。参加者には、スマホアプリを用いて、関節痛の症状の程度を毎日記録してもらった。次に、スマホのGPS機能から得た位置情報を用いて地域の天候を特定し、痛みの程度と関連づけた。なお、これらのデータは約6ヵ月間にわたり収集された。

 その結果、乾燥した日よりも湿度が高い日には、関節痛の重症度が高まることが分かった。また、気圧が低い日や風速が強い日にも痛みは強まったが、これらの天候条件のうち「湿度」が痛みの強さと最も強く関連していた。

 一方で、気温と関節痛の重症度との間には明らかな関連は認められなかった。しかし、「湿度が高くて寒い日」や「風が強くて寒い日」には、痛みはより増す可能性が示された。なお、雨と痛みの強さとの間に関連はみられなかった。