images

米国で発表したAmazon Echoシリーズ(日本では未発表の製品も)筆者撮影

 11月6日、アマゾンジャパンが「Echo」シリーズの新モデルを国内向けに発表しました。9月に米国では多数の新デバイスが登場しており、一部が日本に上陸した形です。

 その先に見えてくるのは、スマートホームの中だけでなく、外出先でも場所を問わずに音声アシスタント「Alexa」を使える世界です。

■コンセント直結のプラグイン方式が登場

 日本で発売する新モデルはコンセント直結型の「Echo Flex」、側面にLED時計がついた「Echo Dot with clock」、第3世代の「Echo」、高音質スピーカーの「Echo Studio」の4機種です。

 見た目に分かりやすく進化したのがEcho Dot with clockです。LED表示が可能になったことで、時計やタイマーとしての使い勝手が良くなりました。

images
LED時計表示がついた「Echo Dot with clock」

 3分だけ待ちたいとき、スマホのロックを解除してアプリを起動するよりも、音声アシスタントに頼むほうが簡単です。タイマーを開始すると表示はカウントダウンに切り替わり、残り時間が分かる仕組みです。

 これまでにない場所で活躍しそうなのがEcho Flex。プラグ一体型になり、コンセントに直接差し込んで使えます。「スマートスピーカーを置きたいが、電源ケーブルを這わせたくない」という場面で使えそうです。

images
コンセント直挿しの「Echo Flex」

 価格が税込2980円と安いのもポイントです。玄関先や洗面所などあまり頻繁に使わない場所でも、気軽に増設できそうです。

■モーションセンサーが登場

 Echo Flexには別売のアクセサリとして「モーションセンサー」が用意されています。スマート電球と組み合わせることで、「人が近づくと明かりがつく」といった使い方ができるのです。

images
Echo Flexにモーションセンサーを装着した状態
images
人の動きを感知してスマート電球をオンにするデモ

 スマートスピーカーといえば、「アレクサ、電気をつけて」など話しかけて使うものと理解している人も多いでしょう。しかし家の中でいちいち話しかけるのは面倒に感じてくるものです。

 モーションセンサーのように人の動きをトリガーにする仕組みが増えていけば、言葉を発することなくスマート家電が「察してくれる」世界が実現します。

■「アンビエントコンピューティング」に注目

 背景にあるのは、どこにいてもAlexaが使える「Alexa Everywhere」というアマゾンの構想です。家の中はもちろん、外出先や車の中などあらゆる場所で、Alexaが待ち受けている状態にしようというものです。

images
アマゾンが掲げている「Alexa Everywhere」

 米国ではハンズフリーのEchoデバイスとして、Alexa搭載のワイヤレスイヤホン「Echo Buds」、メガネ型の「Echo Frames」、ブレスレット型の「Echo Loop」といったデバイスが登場しています。

images
米国ではハンズフリーのEchoデバイスも

 誰もが音声アシスタント対応デバイスを身につけて歩く世界観は面白いものの、公共の場で誰かが「アレクサ」と言ったとき、複数のデバイスが反応するのは困ります。ユーザーの声をしっかり聞き分け、センサーを駆使して言葉を発することなく使える機能はますます重要になりそうです。

 このようにスマホやPCに向かうことなく無意識にコンピューターを使える「アンビエントコンピューティング」は、ライバルのグーグルも同じ方向性を打ち出しています。音声アシスタントが「スマートホーム」を飛び出して外の世界に広がっていくのか、注目です。