ウォール街の2020年予想:米株は「そこそこ」
Photo:Reuters

 今年の米国株は大方のアナリスト予想以上に急伸した。ただ、ウォール街のストラテジストは、2020年も同じようなパフォーマンスになるとは期待すべきではないと話している。

 SP500種指数は年初来、26%の値上がりとなっており、このまま行けば、年間で2013年以来の大幅な上昇率となる見通しだ。米中貿易交渉で一定の進展が見られることに加え、世界的な金融政策の転換が株高を後押ししている。株式市場の動向を予想する投資銀行のストラテジストによると、来年の強気相場の動向は、今年よりもはるかに控えめになりそうだ。

 過去最長となっている強気相場が最終局面にあると考える向きはほとんどいない。米経済は来年も、個人消費に支えられる格好で、底堅い成長率が見込まれている。

 だが、世界経済の減速や貿易政策を巡る根強い不透明感により、アナリストの多くは、米株が来年、1桁台の伸びで終わると予想。20年の株価見通しを発表している8社よる中央値で、来年末時点のSP500が3241と見込まれている。これは11月27日終値から3%弱の値上がりにとどまる。