世界28の言語で翻訳された全仏ベストセラーシリーズ最新刊の日本語版『猫は気まぐれに幸せをくれる』が刊行されました。
寝たいだけ寝て、暇さえあれば物思いにふけり、嫌いな奴が来たら姿をくらませる。飼い主をたっぷり困らせたかと思うと、欲しいものがある時だけ従順なフリをして、実は猫のほうが飼い主を選んでいる……シリーズ最新刊『猫は気まぐれに幸せをくれる』では、15年間、どんな時でもそばにいてくれた愛猫に教わった、もっと楽しく快適に生きる秘訣を紹介してします。今回は、本書のイラストを担当してくれた、人気猫漫画ブロガー、インスタグラマーのぱるぱーるさん(@86palpal)からいただいたメッセージを紹介します。

猫はただの猫にあらず

©ぱるぱーる

『猫は気まぐれに幸せをくれる』は、人生がハッピーになる方法を猫に学ぶ本です!
 猫のこういうところを人間も見習ったら、人生もっとハッピーになるんじゃないかという内容が満載の1冊です。
 著者のステファン・ガルニエさんと愛猫のジギーとのエピソードに、「あるある」とうなずいたり、クスッと笑ったりさせてもらいました。

 うちにも2匹の猫がいます。私のブログ「ナノトクラス+きなこ」やインスタでの漫画に登場する、黒猫のナノとキジシロ猫のきなこです。
 この2匹も、本書のジギーと同じく、好きな時に好きなことをし、幸せそうに日の当たる窓辺で寝て、撫でてほしい時は自分から来るし、欲しいものを手に入れるためならあきらめません。
 目覚めの瞬間に顔をのぞいてきて人間をたちどころに笑顔にするワザを持ち、時にテレパシーを使っているようにしか思えないことがある。
 そして……人の調子の悪い時は、人に寄り添い、元気な時は適度に距離を置いてくれているように思います。