プレゼントに、記念に、自分へのご褒美に。特別な瞬間に手に入れたいジュエリー。高額だからこそ、失敗したくない! 自分らしく似合っていて、長く使えるものを選びたい。けれど、いったい何を、どこで買えばいいのかわからない……。そんなジュエリー初心者のために、選び方や、素敵に見える着け方のコツ伺いました。教えてくれるのは、ファッション業界の、おしゃれ上級者たちも憧れるジュエリーディレクター・スタイリストの伊藤美佐季さん。その美しいスタイリングと、本当に良いものを見抜くセンスは、「伊藤さんが選んだものが、次に流行るジュエリー」と言われるほど。本連載では、著書『そろそろ、ジュエリーが欲しいと思ったら』の中から、そんな伊藤さんのジュエリー論をご紹介していきます。

選ぶ基準は、自分を素敵に見せてくれるかどうか

photo by 成尾和見(SEPT)

 失敗が怖くて、なんとなく敬遠してしまう。だから、ジュエリーはあまり着けたことがない──こんな人は、きっとたくさんいらっしゃると思います。
 本物のジュエリーは高価なものですから、確かに安易に選んで失敗買いをするわけにはいきません。そして、「失敗したくない」「絶対にいいものを選ばなければ」と思えば思うほど、肩に力が入ってしまって、何を選んだらいいかわからなくなる……というジレンマに陥ってしまうわけですね。
 そんな時はまず、普通の洋服選びと同じように「自分を素敵に見せてくれるかどうか」を基準にするのがよいと思います。逆に、着けても自分を引き立ててくれないジュエリーだったら、どんなに上質で高価なものだとしても、持つ意味はないといえるでしょう。

 今、私たちがジュエリーを着ける目的は、お金持ちに見られたいからではなく、そのジュエリーを着けることによって、いつもより素敵な自分になりたいから。ひとりひとりが違う体型、違う顔立ち、違う肌の色を持っているのですから、着けて素敵に見えるジュエリーも、人によって違うはず。それは、値段とは関係ないのです。