筆者も、多くの事件・裁判を見てきた。

 だが、被告を断罪し求刑する検察官はどうすればよかったか教えてはくれないし、判決を言い渡す裁判官も説諭をすることはあっても、どうすればよかったのかは教えてくれない。

 捜査段階で「川崎事件」に触れつつ、公判で「考えていなかった」と供述を翻したのは、愛する息子が通り魔になる可能性があったと認定されたくなかったのだろう。

 懸命に支えてきた息子に手を掛け、晩節を汚す悪名を背負う…。それはやはり、川崎事件のような犠牲者を出さないための決断だったと思う。

 実は、熊沢被告の証言には、息子の名誉のために自分をおとしめているという印象を受ける部分が多い。

「上級国民」と呼ばれる地位に上り詰める人物の思慮は、世間が思うほどそう軽くはない。

 司法は「罪人」として裁いたが、無差別殺人の犠牲者が出る事件を防いだ決断に、心が痛む。

 そして、娘が自殺し、息子も死亡し、長年連れ添った夫が服役することで独りぼっちになる奥様が、気の毒で仕方がない。