もうすぐクリスマス。もう、プレゼントは購入されましたか? 相手の好みのものをプレゼントしたいから、一緒にジュエリーを見に行く。なんて方もいらっしゃると思います。
プレゼントに、記念に、自分へのご褒美に。特別な瞬間に手に入れたいジュエリー。高額だからこそ、失敗したくない! 自分らしく似合っていて、長く使えるものを選びたい。けれど、いったい何を、どこで買えばいいのかわからない……。そんなジュエリー初心者のために、選び方や、素敵に見える着け方のコツ伺いました。教えてくれるのは、ファッション業界の、おしゃれ上級者たちも憧れるジュエリーディレクター・スタイリストの伊藤美佐季さん。その美しいスタイリングと、本当に良いものを見抜くセンスは、「伊藤さんが選んだものが、次に流行るジュエリー」と言われるほど。本連載では、著書『そろそろ、ジュエリーが欲しいと思ったら』の中から、そんな伊藤さんのジュエリー論をご紹介していきます。

買う時は、
普段の自分らしい格好でお店に行く

photo by 成尾和見

「ジュエリーを買う時は、おしゃれして行ったほうがいいですか? デニムやスニーカーではだめですか?」という質問をいただくことがよくありますが、いつもの自分とまったく違う格好で行くのは、失敗の元です。

 確かに、ジュエリーショップはたいてい素敵な街の中にあり、高級感ある店構えになっていることが多いので、「ドレスアップして出かけなくては」と思う気持ちもよくわかります。
 探しているジュエリーがドレスアップ用のものでしたらそれでもいいのですが、普段使いしたいジュエリーを探しに行くなら、なるべくいつも通りの格好でお店に行って、いつもの自分に本当に似合うかどうかをしっかり確認してください。

 もちろん、非常識なほどカジュアルすぎるスタイルはNG。普段の通勤に着て行く洋服や、友達とランチの時に着て行く洋服、それくらいの感覚をキープできていればOKでしょう。最近では、ハイブランドのジュエリーショップでもデニムにスニーカーというお客様も見かけますから、安心して出かけて大丈夫です。

 また、お店によっては下見にもアポイントを取る必要があるかもしれませんが、アポイントを取ったからといって、絶対に買わなくてはならないわけではありません。安心して、堂々と下見に行ってくださいね。