「末梢血管」を鍛えると、血圧がみるみる下がる!
Photo:PIXTA

「末梢血管」とは、手や足など末梢にまで血液を届ける動脈の末端部分のこと。「末梢血管を開く」と高血圧は改善されます。新著『「末梢血管」を鍛えると、血圧がみるみる下がる!』を出版した人気医師・池谷敏郎先生が、末梢血管を拡張して血圧を下げてくれるエクササイズを紹介します。場所を選ばず気軽にできる運動なので、今日から早速実践してみましょう。

「NO有酸素運動」「血管ストレッチ」で
血管がしなやかに若返る!

 池谷式エクササイズは「2種類」に分かれます。

 ひとつは、ゾンビ体操、ウォーキングなどの「有酸素運動」です。適度な有酸素運動が血圧を下げることはよく知られます。

 では、なぜ有酸素運動によって血圧が下がるのでしょうか。

 有酸素運動により、エネルギー源として糖質や脂質が消費され、動脈硬化の原因となる生活習慣病が改善します。このとき運動によって内臓脂肪が減少するとともに、全身の筋肉量が増加するので、エネルギー消費量も増え、ますます運動による内臓脂肪の燃焼も加速します。肥満の解消は高血圧の改善に役立つことが研究でも明らかにされています。

 また、運動により筋肉からは「ブラジキニン」という物質が分泌されます。ブラジキニンは血管内皮細胞からの「NO」の分泌を促します。この「NO」が末梢血管を拡張します。

 有酸素運動は末梢血管をしなやかに保ち、開きやすくするためにとても有効な方法なのです。