1万人を超えるリーダーは、「同じこと」に悩んでいた。
本連載は、1万人を超えるリーダーから寄せられた「悩み」に対し、明確な答えを提示するものだ。
著者は、日本最高峰のビジネススクール「経営アカデミー」で18年以上の登壇実績を誇り、経営者や企業幹部を指導してきた浅井浩一氏。全国で年間100回以上の研修や講演を行い、コンサルタントとしても現場に入り込む
「離職率を抑え、メンタルを病む人をゼロにし、なおかつ目標を達成し続ける」ために、リーダーとともに考え、行動し、悩みの解決を図る。業種・業態を問わず、職場再建率は100%。これまで指導してきたリーダーの数は1万人を超える。近著に『1万人のリーダーが悩んでいること』がある。

Photo: Adobe Stock

【悩み】部下のマイナス部分ばかりが目に入り、つい指摘してしまいます。ほめる部分の見つけ方、さりげない伝え方についてご指導ください。

 部下に対して「早く成長してほしい」と願う気持ちが強ければ強いほど、ついマイナス部分ばかりが目についてしまうものです。

 ふだんからマイナス部分を指摘する「減点方式」が身についてしまっているリーダーに、プラス部分をほめる「加点方式」に切り替えましょう、といきなり提案しても、実行に移すのは難しいでしょう。

 さて、あなたはどれくらい部下をほめていますか?

 ある営業課長は、「部下をほめるのは難しい。だから私は、ほじくり出してでもほめるところがないかを探しています」と話してくれました。

 意気込みは素晴らしいのですが、嫌でもマイナス部分が目に入ってくる中で、「プラス部分はないか……」と血眼になって部下の行動を観察するのは、それはそれでつらいものがあります。

 そこで、部下の「ほめる部分」を簡単に見つける方法をご紹介します。「仕事」ではなく「人間性」に着目するのです。