母親の言葉が、逆にやる気を失わせている?(写真はイメージです) Photo:PIXTA

1月は中学受験シーズン。この時期になると「うちの子もチャレンジさせたい」と意識し始める親御さんも多いのではないでしょうか。中学受験をはじめ、大学入試、就職試験では“地頭がいい子”を見抜くために行われています。ただ「答えを出す」頭の良さではなく、将来社会に出て活躍できる子どもに育てるために、親は日頃からどのようなことを心がければよいのでしょうか。そこで今回は、「花まる学習会」代表として、30年以上子育てと教育の現場に立ち続けている高濱正伸氏の新刊『「一生、メシが食える子」が育つ お母さんの60のルール』(青春出版社)から、将来自立して伸び続ける子を育てるためのヒントを紹介します。

生活のスピードを上げると“ダラダラ勉強”をしなくなる!?

 小学3年生をすぎるころから、学校の宿題の量が増えてきます。「宿題をやるのに時間がかかる」「集中力がなく、ダラダラやっている」という悩みを持つお母さんも多いようです。

 ダラダラと勉強するのは一人っ子に多いようです。お母さんが今までその状態で許してきてしまっているパターンです。今の時代、「メシが食える力」に「テキパキ感」は外せません。もしも一緒に働いている相手にトロトロ仕事をされたらどうですか?たいてい周りの人間はイライラしてしまいます。トロトロ仕事をされて間に合わなかったら、シャレにならない世界です。

 テキパキ感をつけるには、スピードが大切です。一つのわかりやすい方法としては、生活面で歩くスピードを上げることです。「待って待って」と言われても、さっさと歩いてしまうくらいでちょうどいいでしょう。