ユニゾの含み益を狙って、買収合戦は激しさを増してきた。含み益を抱えている不動産会社は同社だけではない Photo:REUTERS/AFLO

不動産会社ユニゾホールディングスを巡る買収合戦が再度延長戦にもつれ込んだ。前代未聞の「従業員による買収」で幕を下ろすとみられたが、米ファンドのブラックストーンやソフトバンクグループ系の米ファンド、フォートレスがさらに高いTOB価格を提示。メインバンクのみずほ銀行の動向も焦点となっており、先行きは一段と混沌としてきた。(ダイヤモンド編集部 布施太郎)

米ファンド2社が対抗TOB
もつれる争奪戦の行方

「さらに着地点が見えなくなってきた」──。市場関係者を驚かせるのは、ユニゾホールディングスを巡る買収合戦だ。

 12月下旬、ユニゾの従業員が設立した会社が、米系ファンドのローンスターと組んで発表した新たな買収提案で、半年にわたる戦いは決着するのかに見えた。しかも、従業員による買収(EBO)という、企業小説も顔負けの新たな買い手の登場である。成立すれば、日本のマーケットでは初めてとなるドラマチックな終演となるはずだった。

 しかし、そこに待ったをかけたのが、買収合戦の当初から関心を表明していた米系投資ファンドのブラックストーンだ。1月28日、新たなTOB(株式公開買い付け)価格として5600円を提示。さらに2日後には、もともとはユニゾのホワイトナイトだった同フォートレスがTOB価格5200円を打ち出した。いずれもEBOによるTOB価格5100円を上回っており、勝負の行方は振り出しに戻った。