子どもが中学や高校に入学すると自動的に始まる弁当生活。毎日、愛情弁当を持たせたいのは山々ですが、共働きが多い現代、お父さんもお母さんも忙しく、仕事がたてこんで時間のない日もあれば、買い物に行けなくて冷蔵庫がカラッポの日も、疲労困憊して気力がゼロの朝もある!
 そんなピンチの時でも、必ず作れる、史上最ラク&最速の弁当本「てんきち母ちゃんのらくべん!」がこのたび発売に。「レンチン1回」「冷蔵庫にあるものだけ」「実働3分」でできるのに、見た目もよくて、もちろんおいしい、神レシピが満載です。レンジ調理だけで火も使わないので、子どもが自分ひとりで作ることもできそうです!
 3人の子どもに10年以上弁当を作り続けてきた大人気料理ブロガーの井上かなえさんならではの、すごいテクとレシピを詰め込んだ本書から、一部を抜粋して紹介します。

寒い季節におすすめ、スープジャー弁当

「らくべん!」のレシピには、スープジャー弁当のレシピが15種も掲載されています。スープジャー弁当も、コンテナでレンチンし、それと一緒に熱湯をスープジャーに注ぐだけ。

ここではひき肉ポテトカレーのスープのレシピを紹介しましょう(レンジは600Wのもの、容器は15センチ四方の耐熱コンテナを使用しています)。

実働2分、レンジ加熱3分、ほぼ5分でできるひき肉ポテトカレーのスープ

スパイシーでほかほかあったまる!
ひき肉ポテトカレーのスープ

【材料】(1人分)
鶏ひき肉……50g
じゃがいも……小1個(60g)
A カレー粉……小さじ1
  めんつゆ(2倍濃縮)……大さじ1
  塩、胡椒……各少々
フライドオニオン……小さじ1
熱湯……150cc

【作り方】
1 じゃがいもは1センチ角に切って水にくぐらせる。
2 耐熱コンテナに、じゃがいも、鶏ひき肉、Aを入れて軽くからめて、蓋をのせ、3分加熱。
3 スープジャーに2とフライドオニオンを入れ、熱湯を注ぐ。
*気をつけるべきポイントは下記写真を参考に!

ここに気をつければ、絶対においしくできる!