子どもが中学や高校に入学すると自動的に始まる弁当生活。毎日、愛情弁当を持たせたいのは山々ですが、共働きが多い現代、お父さんもお母さんも忙しく、仕事がたてこんで時間のない日もあれば、買い物に行けなくて冷蔵庫がカラッポの日も、疲労困憊して気力がゼロの朝もある!
 そんなピンチの時でも、必ず作れる、史上最ラク&最速の弁当本「てんきち母ちゃんのらくべん!」がこのたび発売に。「レンチン1回」「冷蔵庫にあるものだけ」「実働3分」でできるのに、見た目もよくて、もちろんおいしい、神レシピが満載です。レンジ調理だけで火も使わないので、子どもが自分ひとりで作ることもできそうです!
 3人の子どもに10年以上弁当を作り続けてきた大人気料理ブロガーの井上かなえさんならではの、すごいテクとレシピを詰め込んだ本書から、一部を抜粋して紹介します。

どのレシピもレンチン1回の3STEP。どんぶり弁からスープまでバリエーションも豊富。

すべての弁当が3STEP

「らくべん!」は、すべてのお弁当が3STEPで、できあがるようになっています。

 まず、STEP1は、材料を切る。切りながら耐熱コンテナに入れていけばなお速い!ほとんどの「実働」がこれで終わります。

 次にSTEP2は、STEP1で切った材料が入った耐熱コンテナに、調味料を次々に入れていって、軽くからめ、斜めに蓋をするか、ラップをふんわりかけてレンジでチン!
 加熱中は手が空くので、顔を洗うもよし、服を着替えるもよし。朝の慌ただしい中の数分は何にも変え難くありがたいものです!
 そして、加熱が終わったら、すぐに蓋をあけて、よーーく混ぜる! レンジ調理成功のポイントは「加熱後、すぐ混ぜる」こと。混ぜたらそのまま放置して粗熱を取ります。

 そして最後のSTEP3は、盛り付けです。どんぶり弁やのっけ弁の場合はごはんの上に、サラダ弁の場合は生野菜の上に盛り付け、また、スープ弁の場合は熱湯とともにスープジャーに入れてできあがりです!手順さえ頭に入れればレシピを見なくてもできるほどの簡単さ。
「らくべん!」なら料理に慣れてないお父さんや、中高生でも失敗なくできること請け合いです!