室内で突然強い揺れに襲われたら、どう身を守る?(写真はイメ―ジです) Photo:PIXTA

2011年3月11日の東日本大震災が発生してから今年で9年。近年では激しい集中豪雨が頻発し、昨年の台風19号は各地で甚大な被害をもたらしました。さらに、首都直下地震や南海トラフ地震なども予想されています。こうした災害から命を守るには、適切な判断や日頃の備えが重要になってきます。そこで今回は、ホームライフ取材班の『「防災」のやってはいけない』(青春出版社)から、実際に災害に遭ったときの正しい対策を具体的に紹介します。

室内で突然強い揺れに襲われたら、どう身を守る?

 突然、強い揺れに襲われたとき、本当に身を守れるのは次の二択のうち、どちらでしょうか?

(1)落下物を防げる机の下に急いで潜る
(2)落下物の恐れのない廊下に急いで移動する

 いまの大人たちは、「揺れたら机の下に潜って身を守りなさい」と、小さなころから聞かされて育ってきました。そのため、地震のときには、机やテーブルの下に身を隠すのがベストだと多くの人は思っているでしょう。確かに、この姿勢をキープすれば、危険な落下物から身を守ることができそうです。