新型コロナ禍への各国の景気対策が本格化している。騒動が終息した後、世界景気や金融市場はどこへ向かうのか(写真はイメージです) Photo:PIXTA

新型コロナの感染拡大
SARSと違い中国外に広がる

 新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染拡大に伴う世界的な株安の連鎖は、一旦止まった形だが、金融市場の不安定な動きは続いている。中国での感染拡大は、中国経済の落ち込みやサプライチェーンの滞りをもたらした。その後、韓国、イタリア、イランなど、中国以外の地域で新たな感染者が増加し、世界経済への下押し圧力が一段と増すとの不安も強まっている。足元では、減少していた新たな感染者数が再び増加基調に転じており、世界経済の先行きに対する警戒感は払拭されていない。

 感染症の拡大が経済活動にマイナスの影響を与えた例として、2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS) が挙げられることが多い。SARS感染拡大の際には、中国の実質成長率(前年比)が2%ポイント低下し、アジアNIES諸国・地域、ASEAN諸国も、成長率を大きく下げた。しかし、感染の拡大が世界的なものにならなったことから、その他の国・地域の成長率の低下は小幅となり、先進国に新興国を加えた主要20カ国(G20)の実質成長率の低下は0.2%ポイントにとどまった。

 SARSの感染拡大時には、感染拡大の中心となった中国やアジア諸国・地域の経済活動の停滞がその他の国・地域に及んだ形だったが、今回の新型肺炎の感染拡大が世界的なものとなれば、中国以外の国・地域の景気にも直接的な下押し圧力が加わることになる。