BMWの新しいロゴ
BMW

新しいBMWのロゴは、ブランディングやコミュニケーションツールに使用される予定です。これをきっかけに、BMWの過去のブランドロゴもチェックしてみましょう。

 先日、BMWは電気自動車(EV)「コンセプトi4(Concept i4)」のお披露目と同時に、新たなロゴのデザインを発表しました。

 BMWと言えば、黒く引き締まった印象の円形のロゴでお馴染みでした。が、今回発表された新しいデザインでは、黒地だった外側のリング状の部分が透明となります。その他にもBMWの書体をはじめ、従来の立体感のあるものから全体的にフラットな二次元デザインへと変更されます。

 多くの方が慣れ親しんでいるであろうデザインからの刷新とあって、この発表は日本国内のBMW愛好家の間で少なからず論議を呼びました。いわく、「現代の時流に乗ったフラットな印象が新鮮!」といった好意的な声から、「重厚感がなくなってしまった」と昔を懐かしむ声まで…。

 しかしながら、ここで確認をしておきますと、今回発表されたこの新しいロゴがBMWの車体の内外装に使用されることはありません。車体やカーディーラーの内外装には、従来のロゴが使用されます。新たなロゴはウェブサイトや印刷物、イベントやモーターショーなどのメディアブランディングにおいて使用される予定となっています。2021年5月31日までに、順次新しいデザインのロゴへと切り替えていくとのことです。