こんなときだからこそ、よけいにSNSでのトラブルは避けたいものです
こんなときだからこそ、よけいにSNSでのトラブルは避けたいものです(写真はイメージです) Photo:PIXTA

SNSは情報取得に便利な半面、不要不急の論争やトラブルに巻き込まれてしまうこともある。距離を保った使い方をするためには、また、自分が誰かを攻撃しないためには。(取材・文/フリーライター 鎌田和歌)

SNSでのトラブル
悩んで病んでしまう人も

 日に日に新型コロナウイルスのニュースが緊張度を増している。戦後生まれにとっては、これほどの世界的な混乱を体験するのは初めてのことではないか。

 人の心に余裕がなくなってくることで、小競り合いも増える。通勤の電車内で咳やくしゃみをしてしまった人に罵声が浴びせられる……などという光景は、なるべくなら見たくない。

 外出自粛が求められ、リモートワークを推奨する会社が増えた影響で、ツイッターやフェイスブックを開く時間が増えた人も多いだろう。筆者の周囲にも、他の人の反応が知りたくて、しばらくやめていたSNSを開いた知人が何人かいる。

 しかし余裕がないのは、SNSも同じ。緊急時であるだけに、SNSはデマの温床ともなるし、攻撃的な発信も散見される。また、よく知らない相手と不要不急の論争に発展しがちなのも、SNSの困ったところである。