あとは、人々が「新型コロナは沈静化したが、外出すると感染する可能性が皆無ではないから、外出は控えよう」と考えるか否かであるが、終息宣言が出たのであれば、過度な懸念は不要であろう。

 投資についても、リーマンショック後は多くの企業が銀行の貸し渋りに懲りて、トラウマになり、「借金をして設備投資をするのは嫌だ」と考えるようになっていたので、設備投資の戻りが緩慢であった。

 しかし今回は、金融機関が貸し渋りをしているわけではなく、企業が需要の減少や先行きの不透明感から設備投資を手控えているだけなので、終息宣言が出て需要が戻り、先行きの不透明感も消えれば、手控えられていた設備投資が一気に出てくると期待できるだろう。

リスクシナリオとして金融危機の恐れも

 一部には部品の入手困難などを原因に生産が再開できない、といった問題を懸念する声もあるが、災害と異なり部品の生産設備が破壊されているわけではないので、影響は短時間でなくなるだろう。

 新型コロナの影響で、部品メーカーがすでに倒産してしまっている場合は別であるが、必要不可欠な部品に関しては、製品メーカーが部品メーカーの資金繰りの支援をするなどによって倒産を回避しているはずだと信じたい。

 もっとも、リスクシナリオとして、新型コロナ不況から金融危機が起こる可能性は否定できない。メインシナリオではないので、過度な懸念は不要であるが、頭の片隅に入れておく必要はありそうだ。

 日本では、倒産が相次いで銀行のバランスシートが傷み、貸し出しに慎重になる可能性があるだろう。海外では、途上国から資金が引き揚げられて通貨危機に発展する可能性、景気悪化で財政赤字が拡大して財政破綻が懸念される国が出てくるかもしれない。そうならないことを祈るばかりだ。

 本稿は、以上である。なお、本稿は筆者の個人的な見解であり、筆者の属する組織等々とは関係がない。