・お腹は気になるが、時間やお金をかけたくない
・運動はしているが、お腹の悩みを解決できない
・お腹を凹ませて、人生を変えたい
 そんな方のために、好きなものを食べても運動しなくてもやせて、腰痛、猫背などの不調も改善する「合理的な方法」をお伝えしていきます。ビジネスと同じで、まずお腹が出る原因を探り、目標を設定すれば、とるべき手段が明確になり、おのずと結果はついてくる、そんな方法です。

Photo: Adobe Stock

正しい座り方をマスターすると、
「この人はできる人だな」と思われる

植森美緒(うえもり・みお)
1965年生まれ。健康運動指導士。ダイエットに失敗した10年間の経験を生かし、リバウンドしない方法を提唱。自らもそれを実践し、最大60kgから14kg減量した体型を維持している。スポーツクラブ、カルチャースクール、専門学校、整形外科、自治体、健康保険組合、企業、女性誌など多彩なステージで活動を重ねている。実践のしやすさと続けやすさをモットーにしたセミナーは、その場で効果を実感できる点が参加者からも好評。著書に、『30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド』監修:石井直方(高橋書店)、『腹だけ痩せる技術』(メディアファクトリー新書)、『世界一簡単な「くびれ」の作り方』(PHP文庫)など多数。

今回は、おすすめの基本の座り方を解説します。

座るときに心がけたいポイントは「座骨で座り、浅く腰掛ける」こと、そして「背中を丸めない」ことです。

実は、立っているときにくらべ、普通に座っているときに腰椎にかかる負担は、約1・5倍、前かがみで座っているときは約2倍にもなります。立っているほうが腰にかかる負担が小さいのは、頭の重みを上半身と下半身で支えるからです。

ですから、座っているときも、座骨で座り浅く腰掛けると下半身も使って頭の重みを支えることができるので腰が疲れにくいのです。この座り方をしている人はたまにしか見かけませんが、それだけで「この人はできる人だな」と見る人が見ればわかります。

また、背すじを「丸めない」というのは、上半身を最小限の力でまっすぐにしておくことです。背すじを意識的にしっかり伸ばすのと使い分けるようにしてください。

たとえば、長時間椅子に座って仕事をしている場合、疲れをずっしりと感じていたら、背すじを伸ばしたり、お腹を引っ込めたりする気になれなくても無理はありません。ですから、基本は、疲れにくい座り方を心がけるなかで、適宜ドローインを取り入れるのがよいと思います。ドローインに積極的に取り組むためにも、疲れにくい座り方の基本をぜひ心がけてみてください。電車の中では、深く腰掛けてあえて背もたれを利用し、背中を丸めないようにするのもありです。また、車の座席も浅く腰掛けるのは無理ですから、背もたれをできるだけまっすぐにしてヘッドレストで頭の重みを支えるのが背中や腰が疲れにくい座り方になります。

次回、座って行うドローインを紹介します。