・お腹は気になるが、時間やお金をかけたくない
・運動はしているが、お腹の悩みを解決できない
・お腹を凹ませて、人生を変えたい
 そんな方のために、好きなものを食べても運動しなくてもやせて、腰痛、猫背などの不調も改善する「合理的な方法」をお伝えしていきます。ビジネスと同じで、まずお腹が出る原因を探り、目標を設定すれば、とるべき手段が明確になり、おのずと結果はついてくる、そんな方法です。

Photo: Adobe Stock

運動不足とストレス食いが急増!
1日1分のドローインで体型キープ

植森美緒(うえもり・みお)
1965年生まれ。健康運動指導士。ダイエットに失敗した10年間の経験を生かし、リバウンドしない方法を提唱。自らもそれを実践し、最大60kgから14kg減量した体型を維持している。スポーツクラブ、カルチャースクール、専門学校、整形外科、自治体、健康保険組合、企業、女性誌など多彩なステージで活動を重ねている。実践のしやすさと続けやすさをモットーにしたセミナーは、その場で効果を実感できる点が参加者からも好評。著書に、『30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド』監修:石井直方(高橋書店)、『腹だけ痩せる技術』(メディアファクトリー新書)、『世界一簡単な「くびれ」の作り方』(PHP文庫)など多数。

 普段の生活のなかにドローインを取り入れるのは、お腹を凹ませたい人にとって、費用対効果が非常に高いやり方です。トレーニングジムでの運動と時間的な費用対効果をくらべてみます。

トレーニングジムで運動すると約1時間かかります。内訳は、ウォーミングアップにエアロバイクなどの有酸素運動を15分、マシーン等の筋トレを30分、筋トレ前後のストレッチを15分。人によって多少の違いはあってもだいたいこんな感じです。

 注目したいのは、実際に筋トレにかけている時間と内容です。通常はひとつの部位を2、3セット行います。いわゆるインターバルという休憩時間を考えると、筋トレを行っている時間は20分程度になります。また、胸、肩、背中、お腹、太ももの前と後ろ、ふくらはぎと複数の部位を鍛えますから、お腹を鍛えている時間は1セット30秒か、せいぜい1分で、3セット行ったとしても3分程度です。ジムに週2回通う場合、お腹を鍛えるのに使っている実質的な時間は、1週間で6分ほどなのです。かたや普段の生活のなかでお腹を引っ込めるだけなら、時間もお金も着替えも必要なく、1日に1分で、1週間で7分になり、ジムよりも多くなります。しかも、いつでもどこでも行うことができるのです。

 ジムではマシーン器具やサウナなどの施設が充実していますし、トレーナーや友人と話をする楽しみもあり、メリットがないという話ではありません。お腹を凹ませるのが目的なら、時間を使ってトレーニングジムに通う必要はないということです。お腹を引っ込めることはいつでもどこでもできることが裏目に出て、つい忘れてしまいやすい面がありますので、必ず行う動作、または、かなり頻繁にあるシチュエーションとセットにしてしまうとよいと思います。お腹全体なのか、下腹なのか、わき腹なのか、ご自分のターゲット箇所を意識して引っ込めてください。次回から、普段の生活のなかにドローインを取り入れる具体的な方法をお伝えしていきます。(次回へ続く)