・お腹は気になるが、時間やお金をかけたくない
・運動はしているが、お腹の悩みを解決できない
・お腹を凹ませて、人生を変えたい
 そんな方のために、好きなものを食べても運動しなくてもやせて、腰痛、猫背などの不調も改善する「合理的な方法」をお伝えしていきます。ビジネスと同じで、まずお腹が出る原因を探り、目標を設定すれば、とるべき手段が明確になり、おのずと結果はついてくる、そんな方法です。

Photo: Adobe Stock

腹が凹むための第一歩は、
布団の中でできる簡単ドローイン!

植森美緒(うえもり・みお)
1965年生まれ。健康運動指導士。ダイエットに失敗した10年間の経験を生かし、リバウンドしない方法を提唱。自らもそれを実践し、最大60kgから14kg減量した体型を維持している。スポーツクラブ、カルチャースクール、専門学校、整形外科、自治体、健康保険組合、企業、女性誌など多彩なステージで活動を重ねている。実践のしやすさと続けやすさをモットーにしたセミナーは、その場で効果を実感できる点が参加者からも好評。著書に、『30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド』監修:石井直方(高橋書店)、『腹だけ痩せる技術』(メディアファクトリー新書)、『世界一簡単な「くびれ」の作り方』(PHP文庫)など多数。

朝、起きたときに布団の中で行うのにおすすめのドローインをひとつ紹介します。

お腹のたるみが気になる人におすすめの「全身伸びドローイン」です。

まず、手のひらをにぎって両手を上げ、手首とつま先で引っ張り合うようにして大きく伸びをします。そして、全身を伸ばした状態から背中を布団に押しつけるようにしてお腹を大きく引っ込めます。

引っ込める時間ですが、このドローインについては、起きたばかりですし、目覚めをよくする意味で10秒以内がおすすめです。

注意点としては、胸や腰をそらした伸びになってしまわないように気をつけてください。体はあくまでもまっすぐに引き伸ばします。

背すじを伸ばす力が弱い人は手を組んで伸びましょう。手を組んで伸びた状態でお腹を引っ込めるとお腹が凹ませにくくなりますが、背すじをしっかり伸ばせるようになることが先決です。

伸ばしていない背すじは伸ばせなくなり、その延長線で年配になって背が低くなることもあります。これまで繰り返しお話してきているように、普段の生活動作は前のめりで行うことが多いため、知らず知らずのうちに背すじを伸ばす力が衰え、体が縮こまっていきやすいのです。

「私の背すじは一生若々しく伸びている」というイメージをもって、全身をぐーっと伸ばしてください。年を重ねても若々しいあなたの姿に必ずつながります。

さて、背すじは問題なく伸ばせる人は、お腹を引っ込められる程度の伸び具合で行ってください。同じ動作に見えても、背すじかお腹か、改善したいほうに意識を向けることが大切です。

■全身伸びドローイン
【行い方】大きく伸びて、お腹を布団にめり込ませるような意識でお腹を引っ込める
【注意点】腰をそらさないように注意
【ポイント】手を組んで伸びるほどお腹を引っ込めにくく負荷が大きくなる