「売る、買う、借りる、貸す、使う」の一元管理という筋書きは、これまで多くの自動車業界関連企業で議論されてきた。

 だが、販売現場からは「これはただのキレイごと」「結局、1台売れてナンボの世界」という反発が大きい、という印象がある。

 いま、大きく動き出したトヨタの次世代型の流通事業。サスティナブル(継続的)な流れを生むことができるか、業界の注目が集まっている。

(ジャーナリスト 桃田健史)