☆たった2ヵ月で、体重12kg、ウエスト13cm、太もも10cm減!(47)
☆13kg減で同僚の“扱い”が劇変!“美魔女コンテスト”ファイナリストに!(54)
☆食事制限なしで12kgダイエットにラクラク成功したパティシエ(55)
☆歩き方を変えただけで、なんで、私が、“美魔女コンテスト””グランプリ!?(43)
☆座り仕事でも、お尻が1個分上がった、元ナンバーワンホステス(36)
☆遺伝とあきらめていた「О脚劇的改善」であこがれのモデルに!(31)
☆80代でもウエスト7cm減!(80)
30代~80代まで、アンビリーバブルな劇的変化を可能にしたのが「やせる3拍子ウォーク」という新メソッド。
開発者は、ウォーキングスペシャリストとしてこれまで6万人を指導した山口マユウ氏だ。
やり方は極めてシンプル!
3歩目の歩幅を広げるだけ!
しかも、ムリな食事制限は一切なし!
家で・テレビを見ながら・通勤通学・仕事中にできるという「3拍子ウォーク」。
はたして、本当なのか?
女優やモデルだけでなく、一般人を数々のコンテストのグランプリやファイナリストに育成する手腕が注目されるマユウ氏。
その大人気講座を一冊に凝縮した、初の著書『医者が絶賛する歩き方 やせる3拍子ウォーク』が発売たちまち話題となっている。
“コロナショック”で家に閉じこもりがちな人も、さすがに「下腹」が気になって仕方がないかもしれない。
6万人を変えたマユウ氏を直撃した。
(構成・寺田庸二)

Photo: Adobe Stock

歩き方は見た目の印象を
大きく左右する

山口マユウ
山口マユウ(やまぐち・まゆう)
ウォーキングスペシャリスト/一般社団法人 日本DF WALK 協会代表理事/テレビ通販の完売女王
1969年、和歌山県生まれ。「90歳になってもハイヒールの履ける(ゴルフができる)人生を」をモットーに、これまで6万人以上を指導。タン・タン・ターン♪と3歩目だけ手の人さし指1本分(約8cm)、歩幅を広げるだけで楽しく続く「やせる3拍子ウォーク」が「再現性と即効性がある」と受講生に大人気。モデル・女優・各種企業・学校・行政からの信頼も厚く、社員研修、講演も高いリピート率を誇る。一般社団法人 日本DF WALK協会を立ち上げ、日本と中国で認定ウォーキングインストラクターを育成。女優やモデルだけでなく一般の人たちを数々のコンテストのグランプリやファイナリストに育成する手腕が注目を集めている。2011年、自らも第4回『ミセス日本グランプリ』40代グランプリ。「ビビノバスリムサポートインソール」をプロデュースし、ディノス通販売れ筋ランキング「バッグ・靴・アクセサリー部門」第1位、テレビ通販QVCジャパン売れ筋ランキング「健康・ダイエット部門」第2位。QVCジャパンでは、出演するたびに完売が続いている。メディア出演多数。本書が初の著書。【一般社団法人 日本DF WALK 協会HP】

春は出会いの季節。
新しい部署に移動したり、転勤になったりと
新しい出会いがたくさんあります。
しかし、このコロナショックで対面で会えないどころか、外出自粛の毎日。ただ、この騒動が収まったときのために、今回はビジネスパーソンも歩き方ひとつで見た目が大きく変わる話をしたいと思います。

人は、数秒で相手を判断し、
その印象は半年間続くといわれていいます。

目からの情報は、顔の表情と姿勢や動きです。

だから、笑顔の素敵な人や姿勢と歩き姿が
スラッとしていると、好印象を与えます。

正しく歩くと、知的に見え、
体への負担も減ることをご存じでしょうか?

忙しく働く男女は、
常に目的地に向かって急いでいるため、
歩くときに、前のめりになりがち。

すると、次第に骨盤や足首が前に傾いて、
ゴリラのような姿勢になり、
偉そうに見えてしまうことが
よくあります。

また、逆に歳を重ねて、
デスクワークが多いと、
歩幅が狭くなる一方、
歩隔(両足の間の横幅)は広がっていくもの。
これが歩く老化であり、
覇気がなく弱々しく見えます。

どちらも見た目の印象で損をしています。

正しい姿勢で歩くと、知的でカッコよくできる
ビジネスマンに見えるだけでなく、
体への負担が少なく、楽に歩くことができます。

また、歩行スピードが早くなるので、
余裕ができた時間を活用することもできるのです。

歩くスピードが上がれば、風が舞い、
髪や服の揺れがさらにあなたを
素敵に演出してくれることでしょう。