GMはヴェンテック・ライフ・システムズと契約 新型コロナウイルスの 治療現場で活用するための人工呼吸器の製造を開始した Photo:GM

トランプ大統領がGMに
人工呼吸器の生産を指示

 新型コロナウイルスによる感染症・COVID-19が全世界で猛威をふるっている。米国の感染者は57万人(4月15日現在)を超えている。欧州ではイタリアとスペインを筆頭にドイツ、イギリス、フランスといった自動車産業を抱える国々で感染者が増えた。外出禁止または自粛のため工業生産はストップしている。

 こうした状況の中、アメリカでは3月20日に国防生産法(ディフェンス・プロダクション・アクト=DPA)が発動された。政府が“必要な物”の新規生産や増産を企業に命令する法律である。賃金や物価の統制権も政府が保証する、いわば戦時統制法である。米政府はGM(ゼネラル・モーターズ)に対して、人工呼吸器の生産に向けた準備を早急に開始するよう指示した。とくにGMに対しては、トランプ大統領が記者会見で「GMには義務がある」と語った。

 DPAは1950年の朝鮮戦争当時に制定された法律であり、過去には数次の中東戦争や湾岸戦争、2度の石油危機、ハリケーンや地震がもたらした大規模災害などで50回ほど発動された歴史がある。今般のCOVID-19拡大に当たってトランプ大統領は、人工呼吸器の生産を「大規模な生産設備が常時稼働できる大企業」のGMなどに命じた。