中国・上海市のマンション入口での検温の様子 
中国・上海市のマンション入口で検温する居民委員会のボランティア 

中国では、新型コロナウイルスの感染拡大はピークを過ぎ、封じ込めに成功しつつある。その要因は「武漢閉鎖」に代表される都市封鎖や外出禁止などの強硬措置といわれている。日本ではあまり知られていないが、こうした強硬策の徹底やマスクの配布など住民の管理と世話に重要な役割を担ったのが「居民委員会」と呼ばれる行政の末端組織である。(日中福祉プランニング代表 王 青)

中国でのコロナ封じ込め対策に
大きな役割を果たした「居民委員会」

「皆さん!外に出ないように、家にいてください!我慢してください!コロナウイルスとの戦いは、煙のない戦争のようなものです。家にいることだけで、皆さん一人ひとりは立派な戦士です!社会に対しての大きな貢献になるのです!」

「皆さん!長く外出できなくて、息苦しいよねー。わかっています!しかし、これでコロナウイルスも息苦しくなって、消滅するのです!あなたが家にいることで、医療の現場を救うことになるのです!医療従事者を手伝うことになるのです!」

 今年1月下旬から3月初旬までの約2カ月間、中国上海市の各住宅地では、このような呼び掛けが響き渡った。3〜4人のスタッフがメガホンを手に、住宅地の中をパトロールしながら、住民に声をかけて練り歩くのだ。昼間によく見かける光景だった。