米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長ら公衆衛生の専門家は12日、上院の公聴で、新型コロナウイルスに対する米国の対応を巡り、封鎖措置を緩和する前にウイルス検査を拡大する必要があると強調した。  ファウチ氏らは新型コロナ感染者と接触したため自主隔離しており、証言は自宅から中継映像を通じて行われた。  ファウチ氏は「もし特定の地域が時期尚早に再開すれば、(感染の)急増が爆発的流行に発展する可能性を私は懸念している」と述べた。さらに「その結果は深刻になる恐れがある。