写真:読売巨人軍・今村司社長
Photo by Kazutoshi Sumitomo

「和敬塾」という珍しい男子学生寮がある。東京・目白台の旧細川邸7000坪の土地に、前川製作所の創業者・前川喜作氏が1955年に設立。現在も大学、国籍、宗教にかかわらず400人以上の学生が暮らす。読売巨人軍(ジャイアンツ)球団社長の今村司氏も和敬塾出身だ。日本テレビでは、『ザ!鉄腕!DASH!!』『家政婦のミタ』など、数々のヒット番組を手がけた敏腕プロデューサーでもあった今村氏のアイデアの源泉は和敬塾でつくられたという。(清談社 村田孔明)

弁護士の叔父に無理やり
和敬塾に入れられる

 1980(昭和55)年、横須賀市出身の今村氏は、脚本家の倉本聰氏に憧れ、同じ専攻課程の東京大学文学部美学科に進学した。和敬塾には叔父で弁護士の沼田安弘氏の勧めで入る。

「沼田さんも和敬塾出身で、『素晴らしいところだ』と半ば強制的に入れられました。でも周りは田舎の優等生ばかりで全然面白くない。バンカラを気取っているのに、根は真面目だから大それたことはできない連中が多かった」

 地方進学校の縦社会を和敬塾にまで持ち込む塾生もいて、これには閉口したという。