数多くの情報番組やバラエティ番組に出演して、硬軟自在に的確なコメントをくり出し、全国各地で笑いの絶えない講演会をくり広げ、大学の教職課程では教師の卵たちを前に実践的な教えを展開する齋藤孝 明治大学文学部教授。
むずかしい話も、わかりやすく、ゆかいに、さらに深堀りして教えてくれる『アウトプットする力』は、まさに日本最高峰。その齋藤孝先生が、「話す」「書く」「発信する」が劇的に成長する85の方法を教える。
インターネットの情報でインプット過剰になっている今、勉強でも仕事でもプライベートでも、成果を最大化するには、実は「インプット1:アウトプット9」の“超アウトプット優先”がいちばん効果的。
アウトプットは練りに練った1本より「数」で勝負。齋藤式「15秒」アウトプット術で、成果を最大化する「知的発信法」を身につけよう!

Photo: Adobe Stock

 アウトプットは精神衛生上も、大きなメリットがあります。アウトプットするだけでストレス解消になるからです。

 私たちはつまらない映画や本に触れてガッカリすると、ストレスを感じます。その一方で「いいもの」に触れる経験も、ある種のストレスを生じさせます。

 素晴らしい絵画や映画、優れた本やスポーツの試合といったものには、何かしらの緊張感がともない、それを観る人にも緊張感を強いるからです。

 だから「最低なもの」もしくは「最高なもの」に触れたまま吐き出せない状態が続くと、なんとなくもどかしく、落ち着かない気持ちになります。