日本最大級の美容室「EARTH(アース)」の代表取締役國分利治さんと、同社取締役で10万部突破の『年収1億円になる人の習慣』の著者、山下誠司さんの対談をお届けします。
対談第2回目は、20代、30代のときに大事にしてきたことについて、お2人に語り合っていただきました。(構成・藤吉豊、花輪恵)
(こちらは、2019年9月に行われた対談をまとめたものです)

能力よりも大切なのは、情熱を持つこと

山下誠司(やました・せいじ)
(株)アースホールディングス取締役
(株)サンクチュアリ代表取締役
日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役[スタッフ3000名、年商180億円]。うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。(株)サンクチュアリは、自社から輩出したフランチャイズ30社とともに、関東、甲信越、東海、北陸、北海道、福岡で展開[スタッフ900名、年商50億円]。
1976年、静岡県生まれ。高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。40歳からは、仕事と遊びの壁が、完全になくなる。愛車は、フェラーリ488スパイダー。趣味は「仕事」。

―― 國分社長と山下さんが20代、30代のときに大事にしてきたこと、こだわってきたことを教えていただけますか?

國分:20代のころ、私は店長でありながら、「自分に能力はない」ことを自覚していたので、どうすればみんなを引っ張っていけるのか、どうすれば魅力的なリーダーになれるのかをいつも考えていました。

出した答えが、「誰よりもひたむきに、一所懸命働くこと」です。

朝一番に店に行く。最後まで店にいる。休みは取らない。休んでいいのはお正月だけ……。

僕の武器になったのは、時間の使い方だったと思います。

自分の時間を誰よりもお店のために使う。その結果として、「店長には敵わない」「店長はさすがだ」「店長の言うことなら聞こう」と、スタッフが僕を信頼してくれるようになったんです。

わかりやすい言葉でいえば、「情熱」です。「情熱のある人」と、「能力のある人」を比べたとき、僕は最終的に「情熱のある人が伸びる」と思います。能力やスキルはあとからでも身につけられますし。「能力は高いけれど、淡々と仕事をする社員」と、「能力は人並みだけれど、熱心に、情熱的に、汗を流しながら真剣に仕事をする社員」がいたら、私なら後者に共感します。

僕たちくらいの年齢の人間が「情熱一辺倒」だとウザいと思われますが(笑)、20代だったら、情熱さえあれば大丈夫です。情熱のある人はまわりから応援されますからね。

若いうちから「能力を武器にしてやろう」と思いすぎると、50代60代になったとき、誰からも相手にされない人になっている可能性があります。