☆たった2ヵ月で、体重12kg、ウエスト13cm、太もも10cm減!(47)
☆13kg減で同僚の“扱い”が劇変!“美魔女コンテスト”ファイナリストに!(54)
☆食事制限なしで12kgダイエットにラクラク成功したパティシエ(55)
☆歩き方を変えただけで、なんで、私が、“美魔女コンテスト””グランプリ!?(43)
☆座り仕事でも、お尻が1個分上がった、元ナンバーワンホステス(36)
☆遺伝とあきらめていた「О脚劇的改善」であこがれのモデルに!(31)
☆80代でもウエスト7cm減!(80)
30代~80代まで、アンビリーバブルな劇的変化を可能にしたのが「やせる3拍子ウォーク」という新メソッド。
開発者は、ウォーキングスペシャリストとしてこれまで6万人を指導した山口マユウ氏だ。
やり方は極めてシンプル!
3歩目の歩幅を広げるだけ!
しかも、ムリな食事制限は一切なし!
家で・テレビを見ながら・通勤通学・仕事中にできるという「3拍子ウォーク」。
はたして、本当なのか?
女優やモデルだけでなく、一般人を数々のコンテストのグランプリやファイナリストに育成する手腕が注目されるマユウ氏。
その大人気講座を一冊に凝縮した、初の著書『医者が絶賛する歩き方 やせる3拍子ウォーク』がアマゾン、楽天でも完売状況が続き、重版となった。大手書店の実用書ランキングでも1位となり、本連載も61万PV(ページビュー)を突破。「読売新聞」に掲載され、「なるみ・岡村の過ぎるTV」(朝日放送テレビ)にも著者が出演した。その後、雑誌などでも取材オファーが殺到している。
“コロナショック”で家に閉じこもりがちな人も、さすがに「下腹」が気になって仕方がないかもしれない。6万人を変えたマユウ氏にやせるコツ、姿勢をよくするコツを教えてもらおう。
(構成・寺田庸二)

Photo: Adobe Stock

「中年あるある」の悩み

山口マユウ
山口マユウ(やまぐち・まゆう)
ウォーキングスペシャリスト/一般社団法人 日本DF WALK 協会代表理事/テレビ通販の完売女王
1969年、和歌山県生まれ。「90歳になってもハイヒールの履ける(ゴルフができる)人生を」をモットーに、これまで6万人以上を指導。タン・タン・ターン♪と3歩目だけ手の人さし指1本分(約8cm)、歩幅を広げるだけで楽しく続く「やせる3拍子ウォーク」が「再現性と即効性がある」と受講生に大人気。モデル・女優・各種企業・学校・行政からの信頼も厚く、社員研修、講演も高いリピート率を誇る。一般社団法人 日本DF WALK協会を立ち上げ、日本と中国で認定ウォーキングインストラクターを育成。女優やモデルだけでなく一般の人たちを数々のコンテストのグランプリやファイナリストに育成する手腕が注目を集めている。2011年、自らも第4回『ミセス日本グランプリ』40代グランプリ。「ビビノバスリムサポートインソール」をプロデュースし、ディノス通販売れ筋ランキング「バッグ・靴・アクセサリー部門」第1位、テレビ通販QVCジャパン売れ筋ランキング「健康・ダイエット部門」第2位。QVCジャパンでは、出演するたびに完売が続いている。メディア出演多数。本書が初の著書。【一般社団法人 日本DF WALK 協会HP】

中年あるあるの悩みの一つに、丸みを帯びた背中があります。

肩も背中も腰も嫌なハリやコリの上に覆いかぶさったぜい肉。
ぜい肉を背負って前かがみに歩くと、さらに凝って疲れが慢性化します。

疲れて運動しないと、さらにぜい肉が乗って、もはやどうしようもなく、50代に入る頃には、やせることをあきらめる。それでも健康診断結果とにらめっこし、健康を維持しないといけない、やせないといけないという悪のスパイラルに陥る前に、移動時間と仕事の合間を利用し、背中やせと肩コリ解消を叶えてしまいましょう。

肩甲骨がカギ!

背中やせのヒミツは肩甲骨にあります。

肩甲骨は、背中の上部にある骨です。
左右に羽のようについていて、腕の上げ下げや腕を回すといった腕の運動とほぼ連動し、その自由な動きをサポートする役割があります。

肩甲骨は胴体とは直接つながっておらず、鎖骨でのみつながり、宙に浮いています。

腕を動かすときに使う肩甲骨ですが、実は、日常生活の動きでは肩甲骨はあまり働きません。

さらにパソコンやスマホを操作していると、前かがみの姿勢が続き、肩甲骨はさらに動かなくなってしまいます。
また加齢とともに筋肉は衰え、宙に浮いているはずの肩甲骨が、体の内側にへばりついたような状態になり、猫背になってしまいます。

また、肩甲骨の動きが悪くなれば、その周囲の筋肉の血行も悪くなるので、肩コリが発生するのです。

肩甲骨の動きが悪くなると、筋肉が固まり脂肪が燃焼しにくく、背中に脂肪がつきやすくなります。