英国議会
5月に行われた英主要政党の国会議員に対するアンケート調査によると、72%の議員が増税は必要だと回答したという(2020年5月、ビデオ画像) Photo:AFP/AFLO

 新型コロナウイルスによる経済への打撃を和らげるため、世界の多くの国が財政資金を家計や企業の救済に使っている。他方で景気悪化によって税収は減っており、政府債務は世界的に急膨張中だ。だが危機の渦中なのに財政再建の議論を早くも始めている国もある。

 英紙「テレグラフ」は英財務省の内部資料を5月中旬に報じた(国民に危機意識を持たせるために同省が意図的にリークした可能性が高い)。それによると今年の財政赤字は3370億ポンドに達するという。2019年の対名目国内総生産(GDP)比は15%に上る(日本の今年度の同比率は第2次補正予算時点で約16%だが、税収悪化でより大きくなり得る)。

 それに伴って発行する巨額の国債を返済するには、増税や年金支給額の物価スライド停止、公務員の賃上げ凍結により年250億~300億ポンドを捻出していく必要が生じるという。