NY,ニューヨーク,ブルックリン
アート空間となったブルックリン ©iStock

海外旅行ガイドブックの決定版『地球の歩き方』から、NY・「ブルックリン」の歩き方を紹介します。ニューヨーク観光において、すっかりマストスポットとなっているのが、ブルックリン(Brooklyn)。今までのニューヨークとは違った独自の文化を発信するエリアとして、最近注目を浴びています。では、ブルックリンはいったいどんなところで、どんな魅力があるのでしょうか。(文/中西奈緒子 写真/Kayoko Ogawa、Takako Ida、中西奈緒子、iStock)

【はじめに】
 2020年6月22日現在、観光目的の海外渡航は難しい状況です。『地球の歩き方ニュース&レポート』では、昨今の世界情勢をふまえ観光地情報の発信を抑制してきました。しかし、2020年5月31日で「期間限定の電子書籍読み放題サービス」が終了したこともあり「近い将来に旅したい場所」として、世界の現地観光記事の発信を2020年6月以降、再開することにいたしました。
 世界各地のまだ行ったことのない、あるいは再び訪れたい旅先の詳しい情報を入手して準備をととのえ、新型コロナウイルス禍収束後は、ぜひ旅にお出かけください。安心して旅に出られる日が一日も早く来ることを、心より願っています。

ブルックリンについて

●位置

ニューヨーク市の5つの区
ニューヨーク市の5つの区 ©iStock 拡大画像表示

 ニューヨーク市にある5つの区(マンハッタン、ブルックリン、クイーンズ、ブロンクス、スタテンアイランド)のひとつ。マンハッタンからイースト・リバーを挟んで南東にあるのがブルックリンです。ニューヨーク州南東部の島、ロングアイランドの最西部に位置しています。ちなみに、ロングアイランドはアメリカ合衆国本土の最大の島です。