コロナ対策で換気しながら
節電する4つのポイント

 しかし、クーラーを使用しながら空気を入れ替えるとなると、気になるのが「電気代」だ。

「たしかに、換気をしない場合に比べると多少電気代はかさみますが、いくつかのポイントを押さえれば節電も可能です」

●帰宅後はクーラーをつける前に換気

 感染症防止の目的だけでなく、夏はエアコンの電源をONにする前に換気をしてほしい、と野呂氏。

「熱気がこもった部屋をエアコンで冷やすには、かなりの電力を消費します。まずは外の涼しい空気を室内に取り入れてから、エアコンに電源を入れましょう。先述のように、窓を2カ所開けて扇風機やサーキュレーターを使うと、部屋の熱気を逃がすことができます」

図3
「2つの窓を開けて換気をする際は、なるべく遠くにある窓を開けます。開放する窓が近すぎると、全体に空気が行き渡りません」(野呂氏) 画像提供:ダイキン工業
拡大画像表示

●換気中もエアコンの電源は切らない

「エアコンは電源を入れて起動するときに、最も電力を消費します。なので、短時間でONとOFFを繰り返すと、逆に電気代がかかってしまうのです。換気中もエアコンはONのままにするのがベスト。その際は、リモコンで設定温度を下げて冷たい風を保ち、熱中症対策を心がけましょう。温度設定は、寒すぎず暑すぎないお好みの温度を探ってみてください」

 電気代節約のために熱中症になっては本末転倒。エアコンの電源ではなく、リモコンで温度を調節するのが鉄則だ。