GDP落ち込み回復の鍵は委縮心理の払拭
Photo:PIXTA

4~6月期GDPの落ち込み
個人消費の縮小が主導

 4~6月期の実質国内総生産(GDP)が前期比年率で戦後最大の落ち込みになった。

 前年比で見ても9.9%の減少であり、リーマンショック後の2009年1~3月期に記録した8.8%減を上回っている。

 注目すべきは、落ち込みの大きさだけでなく、落ち込みの性質が異例だったことだ。

 通常の景気後退では、まず企業部門が急激に悪化する。実際、2009年1~3月期の前年比マイナス成長は、個人消費の寄与分は2割にすぎなかった。ところが、今年4~6月期のマイナス成長は個人消費だけで6割の寄与率だ。

 輸出も急減したとはいえ、中国向けが堅調を維持しているため、リーマンショックほど大きく落ち込んでいない。つまり、個人消費主導の経済縮小だった。従って景気回復の鍵を握るのは個人消費の行方だ。

 個人消費が減少した理由も前例のないものだった。通常の景気後退では、全般的に消費マインドが悪化するなかで、とくに落ち込みが目立つのは所得弾性値が高い耐久消費財だ。