夏祭りの様子
上海南豊城(ショッピングセンター)の夏祭りの様子(筆者の友人提供)

新型コロナウイルスの影響で、日本各地では縁日や盆踊りなどの「夏祭り」がほとんど中止になってしまったが、中国では、“日本風”の夏祭りが大人気となっているという。露店の綿あめやヨーヨー、金魚すくい、盆踊り大会など、どこから見ても「まるで日本のお祭り」に見えるのだが、一体なぜ、中国でこのような現象が起きているのか?(ジャーナリスト 中島 恵)

今年でなんと8回目
大人気の「日本的な夏祭り」

「憧れの浴衣を着てお祭りを歩けるなんて、サイコー!」
「今年は日本に遊びに行けなかったけど、日本のお祭り、興奮するわ~」
「あぁ、早く日本に行って、墨田川の花火大会にも行きたいな!」

 8月下旬、上海市の西部、「虹橋天地購物中心」というショッピングセンターの中庭や通路などで、その名も「夏日祭」という夏祭りが開催された。私は上海に住む中国人と日本人の両方のSNSを見ていて、偶然このお祭りの存在に気付いたのだが、その後、中国のサイトを見てみると、上記のように夏祭りに参加した人がたくさんコメントを投稿していた。