『週刊ダイヤモンド』9月5日号の第1特集は「医療の闇 病院の危機」です。コロナ対応や不要不急の受診減により、病院や薬局経営は大きく傾いています。同時に、コロナショックが医療の闇を各所で如実に浮かび上がらせています。病院や診療所、薬局、製薬会社、そこで働く人々の実態を総力取材しました。

困窮する演劇界を食い物に
陰性証明ビジネスの罪

写真はイメージです Photo:123RF

「抗体検査の実施の結果、陰性であったことと、検温の結果がガイドラインの規定の範囲内であったことから、ご本人とご相談の上、ご出演となりました」

 7月上旬、東京都新宿区の劇場で行われた舞台で新型コロナウイルスのクラスター(集団感染)が発生。その後、舞台の主催者であるライズコミュニケーションは、自社ホームページにて上記のような釈明をした。

 これを見た放射線科医のK医師は「ちまたで、コロナの検査が間違った方法で使われているのではないか」と大きな危機感を抱いた。

 コロナ感染の有無を調べる検査で、現在一般に行われているものには3種類ある。一つ目がPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)検査、二つ目が抗原検査、三つ目が抗体検査だ。