●保管・管理する場所を変えた例
・トラベル用品
日常のケア用品と一緒に保存されていたトラベルグッズ…歯磨きセット、シャンプーセット、小分けにされたコットンや綿棒などのパック、それらを入れるポーチ類を、まとめて旅行グッズの収納場所に移動。

・ケア用品
マスク、虫除け、カイロなどは、玄関収納に移動。持ち出し忘れを減らす効果もあります。

・掃除用洗剤
お風呂掃除以外の洗剤や掃除道具は、掃除機や床用モップなどと合わせて管理することにして、廊下収納に移動。

・その他メンテナンス用品
殺虫剤等は廊下収納等に移動。洗濯機を取り付けた時に出た予備の部品は、もう絶対に使わないので処分、というケースもありました。

・化粧品
「いつもメイクはリビングでする」のなら、メイク用品と鏡を持ち運び可能なコスメボックスに移して、使いたい場所でいつでも使えるようにするのもひとつ。

 こうして仕分けを進め、スペースにゆとりができてくれば「本来は洗面所に置いておきたいアイテム」も移してくることも可能です。タオルや、家族それぞれの下着の収納場所ができると便利なのではないでしょうか。

 ただ、この段階ではまだそこまではゆとりがない、という場合も多いでしょう。次のステップさらに仕分けを進めていきます。