スタンフォード大学・オンラインハイスクールはオンラインにもかかわらず、全米トップ10の常連で、2020年は全米の大学進学校1位となった。世界最高峰の中1から高3の天才児、計900人(30ヵ国)がリアルタイムのオンラインセミナーで学んでいる(設立15年目)。
そのトップが日本人だということをご存じだろうか。
オンライン教育の世界的リーダーでもある星友啓校長だ。
全米トップ校の白熱授業を再現。予測不可能な時代に、シリコンバレーの中心で、エリートたちが密かに学ぶ最高の生存戦略を初公開した、星校長の処女作『スタンフォード式生き抜く力』が発売たちまち話題となっている。
星校長は言う。「本書で伝えたいのは、競争の激しいシリコンバレーで実践されてきた世界最先端科学に基づく生き抜く力です。スタンフォードの精鋭たちが結果を出すためにやっていること、本当の幸せのつかみ方、コミュニケーション力、天才児の教育法までエクササイズ付きで紹介したい。プータローから一念発起してスタンフォードにきて20年ほど、私が学術界の巨匠やビジネスリーダーから実感してきた生き抜く力(The Power to Survive)の源泉は、20年前に思い描いていた“ケンカ上等”でゴリゴリに勝ち上がっていくスタイルとは真逆のものでした。本書の内容はスタンフォード大学・オンラインハイスクールでも教えられてきました。将来的に世界のリーダーになる天才児たちが実際に受けている内容です」
・スタンフォードやシリコンバレーの精鋭が「結果」を出すためにやっていることを知りたい
・仕事やプライベートの「人間関係」をよくするテクニックを学びたい
・世界最先端の科学で実証された「本当の幸せ」を手に入れたい
・できる人の「プレゼン」「話し方」「聞き方」をマスターしたい
・世界中の天才たちが集まるスタンフォードで結果を出し続ける「教育法」を知りたい
・今後生きていくうえで「不安」を解消する方法を身につけたい
そんなあなたへ、10/3ベストセラー作家・神田昌典氏とオンライン読書会を初めて開催する著者を直撃した。

Photo: Adobe Stock

チベット仏教のリーダーは
英語で何を語ったのか

星 友啓(Tomohiro Hoshi)
スタンフォード大学・オンラインハイスクール校長
経営者、教育者、論理学者
1977年生まれ。スタンフォード大学哲学博士。東京大学文学部思想文化学科哲学専修課程卒業。教育テクノロジーとオンライン教育の世界的リーダーとして活躍。コロナ禍でリモート化が急務の世界の教育界で、のべ50ヵ国・2万人以上の教育者を支援。スタンフォード大学のリーダーの一員として、同大学のオンライン化も牽引した。スタンフォード大学哲学部で博士号取得後、講師を経て同大学内にオンラインハイスクールを立ち上げるプロジェクトに参加。オンラインにもかかわらず、同校を近年全米トップ10の常連に、2020年には全米の大学進学校1位にまで押し上げる。世界30ヵ国、全米48州から900人の天才児たちを集め、世界屈指の大学から選りすぐりの学術・教育のエキスパートが100人体制でサポート。設立15年目。反転授業を取り入れ、世界トップのクオリティ教育を実現させたことで、アメリカのみならず世界の教育界で大きな注目を集める。本書が初の著書。
著者公式サイト】(最新情報やブログを配信中)

みなさんはやっと今、本当の意味での人生を始めたばかりです。
私はもうすぐ、さようならしなくてはいけないような歳なんだけれども……。

こんなジョークを英語で決めたのは、世界的にも有名なチベット仏教の最高指導者である、ダライ・ラマです。

2010年10月14日、スタンフォード大学の学生など約6000人に向けた講演冒頭、チベット仏教のリーダーが英語でスピーチを始めただけでなく、大勢の聴衆から笑いを取ったのも驚きでした。

雲の向こうの理解しがたい聖なるもの。

世界的なスピリチュアル・リーダーだけに、そんなイメージを持っていた私。

その感覚が、いかに身勝手な紋切り型の想像だったか。

講演を聴き始めた瞬間に気づかされたのでした。

第7回の連載でも触れた、スタンフォード「思いやりセンター」(正式名:スタンフォード大学「思いやり利他行動研究教育センター」Center for Compassion and Altruism Research and Education)がダライ・ラマの寄付によって創立されたことは本書第1講で触れました。

スタンフォードとダライ・ラマという驚きのコラボ。

これが実現した背景には、ダライ・ラマの世界観にある「生き抜く力」の源泉が深く関係しています。

本書の「生き抜く力」の思想史の旅は、ダライ・ラマから始めることにしましょう。

講演冒頭から気さくなジョークを飛ばしたダライ・ラマですが、彼の人柄を最も鮮明に表すシーンが講演序盤で飛び出しました。